肉球の正式名称は蹠球(しょきゅう)と言います。

なぜ猫には肉球があるの?

①猫のように獲物を捕らえて食べる肉食の動物は、獲物に近づくときに音を立てないようにするために、肉球が存在しているという説があります。

⑤好きなオヤツを貰う時や、おもちゃで遊ぶときは、手を大きく広げて肉球と肉球の間でキャッチします。

⑥手根球の上あたりにある毛は、顔のヒゲと同じように、センサーの役割を果たし、足元の異常を感じ取ることが出来ます。

⑦猫の肉球のそばには汗腺があり、分泌された汗はマーキング(縄張り誇示行動)の匂いつけに利用されます。
マーキングといえば爪とぎだと思っていましたが、歩きながら肉球で匂い付けとは意外ですね!

肉球の各部分にはちゃんと名前があります。

1掌球(しょうきゅう)
2指球(しきゅう)
3手根球(手根球)
4足底球(そくていきゅう)
5趾球(しきゅう)

肉球のぷにぷにの正体は「脂肪」

ぷにぷにとした感触の正体は脂肪と弾性繊維(だんせいせんい)で出来た組織なんです。

そこだけ皮膚が厚く出来ていて、猫の肉球部分の皮膚の厚さは1ミリほどあります。

この厚い皮膚は、摩耗(まもう)しにくい構造になっていて仮に摩耗してしまったとしても、すぐに新しい細胞が出来るようになっています。

ただ、激しい外傷にって肉球をごっそり失ってしまった場合は再生はしません。

肉球の色は毛の色によってほぼ決定される。

・白やグレーなどの猫ちゃんの肉球は薄ピンク色
・黒や茶など濃い色の猫ちゃんの肉球はチョコレート色

・体毛のバリエーションも肉球に似ることが多いです。

2色の毛色をしている猫であれば、肉球も2色の色をしています。
三毛猫の場合は肉球も三色のものを持っている傾向が多いようです。

しかし、肉球の模様は生まれてからずっと同じではなく、成長にしたがって肉球に模様が出てくることもあるようなので、おうちの子も時々チェックしてみるといいかもしれませんね。

肉球で猫の性格がわかる?

もちろん肉球の色だけで性格の違いが決まるわけではありません。

被毛の色によって性格に違いがあるとも言われるからです。
肉球の色の違いはその猫の個性としてとらえることができますね。

✰ピンク色
穏やかでのんびりしているタイプです。
比較的おとなしくて甘えん坊です。
人にも良く懐く傾向もあります。

✰茶色や黒色
活発でやんちゃな猫が多いです。
いつもじゃれて遊ぶことが大好きです。
また賢い性格でもあるんです。

猫は肉球にしか汗をかかない!

猫って全身から汗をかくことができず、唯一出す汗腺があるのが肉球なのです。

実は、猫にとってのサインの1つなのです。

「今、私は緊張してるにゃん」

「うわっ、ビックリしたにゃん!」

などのサインなのです。