猫も歯みがきは必要なの?

猫も歯みがきが必要です。
特に部屋の中でのみ飼っている猫は、やわらかいエサや、
かみやすいドライフードを常食としていることが多く、
歯のすきまに歯垢がたまることが多いのです。
野生の猫は鳥やネズミなどを捕食する際、その皮をかみちぎるなどで
歯をフルに使うため、歯垢がたまりにくいのですが、
室内飼いの猫はそうはいかないですね。
そのため、人間の手による歯みがきが必要になります。

猫にも虫歯や歯周病がある

虫歯、歯周病の初期はたんに口が臭いくらいですが、
進行すると歯が抜け落ち、
食べることに痛みを感じるようになるので食事ができなくなります。
お腹がすいてるのに食べれないという、
とってもかわいそうな状態になるんですね。
虫歯になってしまってからの治療法は
病院に通ったりとなにかと大変になるので、
まずは予防方法を日ごろから心がけていきましょう。

猫が嫌がらないように歯みがきを進めるコツ

拒否がひどいなら、歯ブラシではなく、ガーゼを使ってみよう

ネコの頭を上から左手で鷲づかみにして固定します。
2.右手の人差し指に巻いたガーゼに、歯磨き粉ちょっとつけます。
3.ネコの唇をムニ~と開いて、奥の方からガーゼで拭いていきます。
4.拭く方向は、歯茎から歯先に向かって拭きます。
5.奥歯が終わったら前の方ですね。

歯みがき用のシートも市販されている

歯みがきガムをかませるのもいいかも

歯周病対策キャットフードも市販されている

ヒルズ 猫用 t/d 歯と歯ぐきのケア ドライ 400g

最後は動物病院で処置をしてもらうことになる

動物病院への通院は最終手段です。
通院する場合は年に1~2回ほど出向き、
歯石を取ってもらいましょう。
歯石を取る作業は全身麻酔なども含めて、
2~3万円ほどの費用となります。

治療費を浮かせようと素人が歯石除去をしようとすると、
歯肉や歯に傷を付けてしまうことがあります。
そうなってしまうと結局治療費が高くついてしまうため、
獣医さんに任せましょう。