盤面でリアルに戦うサビの猫、自陣の駒にも猫パンチ

160907shougicat

テレビ台へ上って、さらにもう一段テレビの上にも上っているところから、段位は女流二段と推定されます。

加藤一二三九段の左足薬指を皆が心配する事態にまでいたった、史上最年少プロ棋士(四段)誕生の報を受けてかどうかは定かではありませんが、女流プロ棋士を目指さんとする錆色猫ちゃんの動画が発掘されましたため、謹んで報告いたします。

盤面が大写しになった途端、テレビの上によじ登り対局者のごとく手を出すサビ猫。この位置に陣取れば棋士の視点に近くなるとは、猫ならではの慧眼であります。勢い余って敵陣の駒だけではなく、自陣の駒や持ち駒の動きにも果敢に反応。2:15ごろには大事な歩をしっかりと守っている様子がうかがえます。自陣側に引っ込んだ手に反応するのはご愛敬。3分すぎからは、守りを固めんと、身体を張って長考の姿勢に。最後は渡辺竜王の指し手に釣られて、脱落と相成りました。プロ棋士への道は、そう簡単ではないようです。

将棋猫:その二 Japanese chess (Shogi) cat: Part 2/YouTube]


9マス将棋
9マス将棋