うちの子が尿路結石になり、
猫の体の知識不足を痛感しました。

痛い思いをさせてしまって、
申し訳なく思ってます。

なぜ尿路結石にかかったのか?
今も詳しいことはよくわかりません。

私の言葉でわかりやすく、
まとめてみますね。

日本猫
オス♂
6歳
体重4.8k~5k
小ぶりで小さめなスリムな体型
未去勢
完全な室内飼い
家の中放し飼い

とても活発で、ヤンチャな子です。

5歳半ごろに、ストルバイトの尿路結石になる。
尿結石以外の病気はなし。
たまに毛球を吐くくらい。

なぜ尿路結石になったのだろう?

結石には、二種類あります

オシッコがアルカリ性に傾くことでできる「ストルバイト」

酸性に傾くとできる「シュウ酸カルシウム」

フードに問題がある

人間の場合、結石になった
原因で、思い当たるものって、
やはり、食べものではないかなって
思いますよね。
偏食する人とか、適当な食事をしている人など、
食事の栄養バランスが悪いとなりそうです。

猫さんも同じで、
バランスの悪いフードが原因のように思われます。
オシッコがアルカリ性に傾きやすいフードをずっと
食べていたから、「ストルバイト」の
尿路結石になってしまったと考える方が自然です。

安いフードはやはり、
栄養のバランスが悪いと思われます。
消化しにくいもの、しないものが、多数入っていてます。
量を増やすためだけの繊維質などの
かさましがされています。

肉でも色々あります。
人の食べない捨てるような肉類・魚類もあります。
チキンミールは、鶏の骨や羽、
爪などを砕いたものです。
栄養になるのでしょうか?

フードは、高熱処理をします。
その場合にほぼ必要なビタミン、
酵素などが無くなってしまう、
可能性があるはずです。
フードで摂取できにくい酵素などは、
常時足りていないのではないでしょうか?

ストレスがある

発症は体調が悪くなりやすい時期に多い

猫さんは寒い時期、
暑い時期に(クーラー使用で体の調子が悪くなる)
発症しやすいようです。
寒さでストレスが多い時期や、温度差の激しい時期になりやすいです。
夏場にも多くなったのは、クーラーが原因のようです。
温度差もありますし、クーラー完備も猫さんの体にも、
冷やし過ぎると、体に悪いのでしょう。
そして、こういう時期に、バランスの栄養のとれない
安いフードをあげていたら、
もっと体調を崩しやすいはずです。

安い同じフードをあげてても、
結石にならない子もいます。

寒さに弱く、ストレスを感じやすい子が
結石にかかりやすいとも言えます。

うちの子のケース

結石になるまでに、何か体調不良を起こしていないか?

結石になる前触れで、思い当たること

こういうときは、注意した方が良いかも⁉

☆ 痩せてきた

☆ なぜかよく吐く

うちの子のケース
結石になるまでに体調不良がありました。
安いフードにして半年くらいして、

うちの子は、夏過ぎて痩せてきて、
夏バテ?って猫にあったっけって
思っていたら、
カリカリを良く吐くようになりました。
フードを一気に山盛りすることができなかったので、
少しずつ小分けしてあげてました。
(猫さんに、夏バテはないようです)

猫さんが、痩せてきた。
食べて少しして、そのままのフードを
よく吐くようになった。(毛球症とは違います)
こういう場合は安いフードは、止めておく方がいいようですね。

毛球症の場合は、換毛期で、
吐いたときに、毛が混ざってます。
吐くとケロッとして、またフードを欲しがります。
換毛期には、特にブラッシングを
マメにするようにしてます。

☆ トイレに長く座り込む

便秘かなと思っていた。
次の日に、結石+尿がでていたようで、
元気になる。

尿が出にくいのに気が付かなかった。

☆ 一月後にまたトイレに座り込む

トイレに長く座り込む、
便秘と思っていた。

おしっこをしていないのに気が付く。
おしっこが出にくくなる。
血尿(うすいピンク色のもの)がおしっこの出るところに、少しついていて、
慌てて、日曜日でしたが診察していただけるところを探して、
病院にかけこみました。

おかしいなと、ここでやっと気が付きました。
症状を検索してみたら、
結石ということで間違いなさそうでした。

※尿路結石でおしっこがでない場合は、
一刻を争います。
遅いと尿毒症になり、
死亡してしまうこともあるのです。
気がついたら、すぐにでも病院へ連れて行ってあげてください。
軽ければ軽いだけ、早く回復しますよ。

病院ですすめられる治療食って大丈夫?

治療食をあげるように言われて、
ひと月半あげました。
結石が体内からなくなるのが、
ひと月半くらいなのです。

塩分も多いし、肉の量も少ないので、
フードへの心配が多々あり、
フードを治療食ではない、
ネット通販の結石用の市販のフードに変えました。
また痩せてきて、
三か月半で、また再発。

治療は治療食で、しっかり治すべきなんですね。
うちの子の場合は、半年から一年は治療食をあげる予定です。
寒い時期には、切り替えない方がよさそうです。
おしっこのチェックもするべき。
酸性、アルカリ性と
どちらに傾いているか、
傾きすぎていないか、要注意になります。
傾きすぎると、シュウ酸の結石が作られることがあります。
長期に治療食はあげないようにした方がいいようです。
シュウ酸の結石は、治療食では溶けないので
もっと厄介です。

フードの塩分の多さは体に悪くないの?大丈夫なの?