この記事は私がまとめました

とても気まぐれで行動を予測しにくい猫ではありますが、よく観察していれば猫の気持ちもわかるようになるかもしれません。

0pb70kiさん

しぐさや行動

とても気まぐれな猫。犬とは違い表情が読み取りづらいことがよくあります。しかし、なにげないしぐさや行動をよく見ていれば今どのように感じているのかを予測することができます。猫のちょっとしたしぐさや行動に注目してみましょう。

しっぽでわかる猫の気持ち

猫のしっぽは非常に感情の出やすい場所なのでしっぽを見ていれば猫がなにを考えているか理解することができます。犬だと「尻尾を振る=嬉しい」ですが、猫ちゃんの場合だと尻尾の「振り方」で気持ちも変わります。

しっぽがクルンと上向きに立っている時は、幸せな気持ちであることを示しています。

猫に良い飼い主として認められている証拠で、ご飯をおねだりしたり甘えてきている時によく観ることができます。

しっぽがダランと下げている時は、元気がなかったり体調が悪い場合によくみられます。

しっぽが逆立ってブワッと膨らんでいる時は怯えていることを示しており、自分自身を大きく見せて威嚇している証拠です。

犬の場合はしっぽを左右に素早く振る行動は、楽しくてワクワクしている様子を表していましたが猫の場合だと逆の様子を表しています。猫がしっぽを素早く左右に振っている時は、イライラして怒っているときなので注意しましょう。

抱っこされている猫の気持ち

猫を抱きかかえたときに、しっぽを素早く動かしている時は嫌がっていることを表しています。

ゆっくりしっぽを動かしている場合は、リラックスしていることを表しています。

猫が人に起こす行動からわかる気持ち

尻尾やヒゲ、耳などに見られる反射的な反応よりも、「リラックス」や「僕の飼い主さんだ!」という嬉しい感情が表れています。

猫がすり寄ってきたら、それは身体をこすりつけることはその人を縄張りの一部、もしくは所有物とみなしている証拠です。

頭やしっぽを擦り付けてきたら、それは「元気?」と挨拶をしていることを意味しています。

鼻を押し付けてきたり、頭をスリスリしてきたらその人に愛着を感じていることを示しておりあなたのそばが快適で安全だと感じているのです。

また、ペロペロ舐めてくるときは、あなたを信頼し家族の一員だと認めていることを意味しています。

噛んでくるときは、ほっておいて欲しいことを意味しています。猫にもプライバシーが必要だということです。

一方、甘噛みの場合はただ単にあなたにじゃれついて遊んでいることを意味しています。髪を噛んでくるときは、大好きなあなたを綺麗にしようと頑張っているのです。

何気ないしぐさからわかる気持ち

耳を頭に付けている時は、恐怖や警戒、ストレスを感じていることを示していますが、まだ遊びたい気持ちを示している場合もあるので注意深く観察することが大事です。

猫を見ていると、たまに舌を出して自分を舐めている光景を目にすることがありますが、これはもともと猫の野性時代から備わった本能的な行動で、狩りの時に、臭いで気づかれないために身体を綺麗にしているのです。