猫にとって危険な植物

華やかで綺麗なユリは、猫にとっては最も危険な植物の一つ。

猫にとってユリは、不可逆的な腎臓の尿細管損傷及び壊死を引き起こし致命的な中毒を起こす。

春になるとかわいいチューリップはユリ科の植物。猫にとっては危険。

シクラメン
嘔吐、下痢、胃腸炎などの症状をきたす。 体内に多量に入ると神経症状を起こして死に至るケースもある。

カスミソウはナデシコ科の植物。中毒性があるそうです。

それでは逆に、猫にとって、安全と言われている植物は?

西洋マタタビとも言われ、薄ピンク色の花を咲かせます。キャットミントと同じイヌハッカ属です。

より詳しく知りたい方のための参考になるサイト