そもそもアレルギーとは?

アレルギー(独: Allergie)とは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。
アレルギーが起こる原因は解明されていないが、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因ではないかと考えられている。なお、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。

犬のアレルギーは

原因は毛や唾液に含まれる物質

アレルギーとは体内に存在する免疫反応がアレルゲンと呼ばれる特定の物質に過剰反応することをいいます。
この反応の結果、咳、鼻炎や湿疹といった症状があらわれます。
花粉症、喘息、アトピー、食物アレルギーが代表的でなおかつ認知度も高いアレルギーでしょう。
今回は動物アレルギーの中でも代表的と言える犬アレルギーについて紹介していきます。
犬アレルギーの原因となるアレルゲンとしては、犬の体内で作られる物質であるCanf1がよく知られています。
主に犬の毛、フケ、唾液などに含まれています。
犬の毛がアレルギーの原因であると考えがちですが、より正確には毛に付着した物質やフケなどに触れたり、吸ったりすることによってアレルギーが引き起こされるのです。

風邪と似た症状や湿疹が出る

犬アレルギーの軽い症状には、風邪をひいた時と同じような症状が多くみられます。
具体的な症例としてはまず咳、呼吸音に雑音が混じる、鼻水や鼻がむずがゆくなるといった鼻炎の症状、目の充血、およびそのかゆみといった症状が多いようです。
花粉症やそのほかのアレルギー、喘息などにもみられる症状が現れるので原因の特定には注意が必要になります。
特につらいのが皮膚の炎症を発症です。
この場合、皮膚が一目でわかるくらいに赤くなったり、腫れ上がったりします。
皮膚の痛みやかゆみを伴うことも多いです。

呼吸困難に陥ることも

犬アレルギーの症状が進行すると下痢、めまい、動悸、吐き気や嘔吐、嚥下困難などの重大な症状を招くことがあります。

アレルギーなどにより繰り返しダメージを受ける、あるいは長期にダメージを受けることにより慢性胃炎となり犬が出血します

猫のアレルギーは

ノミやダニ、食べもの、花粉やハウスダストなど原因は様々
アレルギー性皮膚炎は、体内に入ったアレルゲンに過剰反応してしまうことで起こります。原因となるアレルゲンには、ノミやダニ(ノミアレルギー性皮膚炎、疥癬など)、食べもの(食物アレルギー)、金属やプラスチック、カーペット(接触性アレルギー)、花粉やハウスダスト(吸引性アレルギー)など、様々なものが考えられます。
これらがアレルギー性皮膚炎を引き起こす原因になるかどうかは、猫それぞれで異なってきます。たとえばノミが原因の場合は、猫によってはわずか数匹のノミに血を吸われただけでも、ノミアレルギー性皮膚炎になることがあります。また、花粉やハウスダスト、食べものなどの複数のアレルゲンに反応する猫もいて、その場合はアトピー性皮膚炎が疑われます。

猫のアレルギー疾患の治療は

・アトピー性皮膚病(シャンプーでアレルゲンを除去したり、副腎皮質ホルモン製剤が症状の改善に有効。二次感染に対して抗生物質、かゆみに対して抗ヒスタミン剤など。長期の管理が必要で、アレルゲンを排除するためにこまめに掃除したり、アレルギー体質用の食餌を与えたりすることも症状の改善につながる。これ以外に減感作療法という、抗原を定期的に接種する方法がある)

・ノミアレルギー性皮膚炎(症状は副腎皮質ホルモン剤で改善し、原因のノミの駆除を行う。二次感染に対しては抗生物質。治療後は再発防止のためノミの駆虫薬で予防する)

・接触性皮膚炎(症状は原因物質と接触を避けることで改善するが、特定できない場合は症状に応じて対症療法や副腎皮質ホルモン製剤の投与など)

・食物過敏症(診断は難しく、治療的診断として除去食試験を行います。除去食試験とは、アレルゲンを除去した食べ物を与え、症状が改善するかを診るもの。症状をみながらアレルゲンを特定する。皮膚病変に対してはシャンプー、二次感染に対して抗生物質などを用いる)

犬猫のアレルギーについての留意点(獣医師の講演ビデオ)