寿命は猫15歳、犬14歳 ペットも高齢化が進む

1:名無しさん@涙目です。NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
ペットフード協会(東京)は22日、全国の一般家庭で過去10年間に飼育された犬と猫の平均寿命が、犬は14・19歳、猫は15・33歳だったと発表した。
近年、ペットの犬猫が高齢化しているのを裏付けるデータで、人間と同様に今後、高齢ペットの介護などの問題が深刻化するとみられる。

 高齢期とみられる7歳以上が、犬は微増傾向にあり、飼育犬全体の60%に迫っている。猫は全体の45%前後で、横ばいで推移している。

 1匹を生涯飼うのに必要な経費は、この平均寿命から算出すると、犬が約160万円、猫が約108万円だった。

 同協会は1994年から毎年、犬猫の飼育実態を調査。

寿命は猫15歳、犬14歳 高齢化反映
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017122201001927.html

no title

5:名無しさん@涙目です。2017/12/23(土) 12:35:54.66 ID:66ZJUdme0.net
猫20大型犬14位じゃね?
小型犬なら16年くらい

6:名無しさん@涙目です。2017/12/23(土) 12:38:03.74 ID:UZK/2Tp00.net
家のは三匹とも15歳越えた
20年はいけそう

7:名無しさん@涙目です。2017/12/23(土) 12:38:18.57 ID:R6+9oMe50.net
動物も健康診断受けさせたり、食い物気にしたりする世の中だから寿命伸びるのは当たり前だな

続きを読む