丸ごと1冊「猫のため」特集で、『建築知識』最新号が品薄に

2017年は、専門書×猫の組み合わせが増えてくれることを願っております。

エクスナレッジが発刊する月刊建築雑誌『建築知識』の最新号・2017年1月号が、「猫のための家づくり」特集として、1冊丸ごと猫三昧シフトとなり、猫クラスタの注目を集めたせいか各ネット書店で品薄になる事態が発生しています。

まず表紙からして激しく猫推し。ああ、うちのリビングにこういうキャットタワーがあって、猫がこうやって寛いでいる姿を眺められたらいいなぁという思いを抱かざるを得ない、なんともかわいらしい横坐り猫。そしてパラリと目次を開くとこの通り。

『建築知識』2017年1月号の目次

猫のためと人のためを両立する住まい作りをテーマに、真面目に建築を探究する1冊となっております。第3章の「知っておきたい猫知識」の項目だけでも、出版社自転車操業用の内容のうっすい猫本を凌駕するようにも思われます。

惜しむらくは、品薄すぎてAmazonでの中古価格が跳ね上がっている点でありますが、記事執筆時点ではヨドバシカメラの数店舗や、Fujisan.co.jpにて在庫があるようです。またはネットで在庫確認のできない近隣の書店などに直接在庫確認するのが、入手への近道かと思われます。

ちなみに『新建築』でもなく『商店建築』でも『建築雑誌』でも『建設物価』でも『建築知識ビルダーズ』でもなく、『建築知識』ですので、口頭での確認・注文時はご注意ください。定価は税込1680円であります。次号(2017年2月号)の発売は1月20日ですので、2017年1月号をお探しの方は、どうぞお早めに。猫クラスタの皆さまの健闘をお祈りいたします。サンプル版のPDFは公式サイトにてご覧になれます。

建築知識WEB/エクスナレッジ]

建築知識2017年1月号
建築知識2017年1月号