両国で“江戸版ねこカフェ”今日から開催、収益の一部は保護猫活動支援に

「僕の里親になるのは、アナタかな」

そんな表情でこちらを見つめているのは、保護猫カフェ「きゃりこ」で暮らす、まなぶ君。彼をはじめ、保護猫たちが里親を探す場が、両国駅前の「両国駅広小路(両国駅西口イベント広場)」にて、本日2018年の6月15日(金)から8月31日(金)までの期間限定で誕生します。その名は「江戸ねこ茶屋」。江戸版ねこカフェと銘打ったそのコンセプトは、「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」場所となっていまして、江戸の長屋をモチーフにした内部は、浮世絵と立体造形とを組み合わせて、江戸の街並みと雰囲気を表現したとのこと。

会場内では、「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」などのゾーンが設けられ、その中の「ねこ茶屋」では、保護猫カフェ「きゃらこ」から保護猫がやってくるそうです。公式サイトでは、

資格のある動物管理責任者が毎日ねこたちの健康状態をしっかり見ています。猫たちと楽しく過ごしていただくため、注意事項やスタッフの指示はお守りいただけますようお願いいたします。

と記載されておりまして、猫への配慮はしっかりと行われているようであります。また、こちらの会場で見初めた保護猫さんを、後日、里親として迎えることもできるそうで、「江戸ねこ茶屋」の会期が終了した暁には、すべての猫が新しい里親の元へお引っ越し、という可能性もあるようです。会場にいる予定の猫さんたちの写真は以下にて。

ロメオ
ホームズ
あぶ
アルファ
あさがお
チョコ

彼らの終の住み処と里親さんが、この会期中に見つかりますことを、心から祈る次第であります。また、物販ブースではオリジナルグッズや猫好きアーティストの手になる限定絵馬も販売。そして「江戸ねこ茶屋」の収益金の一部は、保護猫問題解決のための活動支援金として寄付されるとのことです。

入場料は大人が1,500円、中高生が1,200円となっております。開場時間等の情報は公式サイトから、また、日々の様子や猫の様子は、公式Twitter、InstagramFacebookページでアップされていますので、合わせてご確認ください。