レゴで作った猫ハウス、狭くて暗くて猫には快適

ホットマットのサイズに合わせて建設することもできますね。

ピタゴラスイッチから自動仕分けマシンまで、想像力とロジカルシンキングによってどこまでも可能性を広げられるレゴブロックを使った、猫ハウス製作事例をご紹介します。時々遠くを見つめる不安そうな横顔を思い浮かべながらご覧ください。

見えないところで丸くなり、ひとりで舐め舐め毛づくろい、そんな猫の気ままな時間を過ごすのに誠に好適なレゴ製猫ハウス。天井には家主のニャンコ、2匹の名前入りであります。屋内にカメラが入りますと、中では家主が寛ぎ中の様子。よく考えたら、スクラップ&ビルドも容易で、猫のサイズに合わせて建て替えたり、新しく買った猫用暖房マットのサイズに合わせて改築したり、電源コードを通す穴を開けたり、2階建てにしたり、猫じゃらしを突っ込む穴を作ったり、水洗いできたりと、気ままな猫の性質に合致する建築素材と言えそうです。

Lego Katzenhaus – cat’s house built with LEGO bricks./YouTube]

レゴ (LEGO) 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616
レゴ (LEGO) 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616