神秘的なグースベリーグリーンの瞳

スピード勝負では負けません

エジプト発イタリア経由アメリカ行き

1953年、イタリア滞在中のロシア人王女が、エジプトはカイロから1匹のネコを取り寄せイタリアのネコと交配させました。すると2匹の子ネコが産まれ、1957年、政変の時を迎えた王女は、この子ネコたちを連れてアメリカへと亡命しました。その子ネコこそが、エジプシャンマウの始まりです。

実は壁画と無関係?

エジプシャンマウは体の斑点模様が古代エジプトの壁画に描かれた猫にそっくりだったため、壁画の猫が祖先だという説もありますが、この説については正式に記録には残っていません。

生まれながらのスポテッドタビー(斑点模様)

エジプシャンマウの最大の特徴は、猫の中で唯一といわれる、自然発生のスポット柄です。地肌にも斑点模様があります。

イエネコ最速ランナー

つま先立ちのような優雅な歩き方をしますが、実は非常に優秀なアスリートで、走る時のスピードは時速50kmにもなります。

猫は気ままでマイペースな動物だと思っている方が多いかもしれませんが、エジプシャンマウは比較的おとなしく神経質な一面を見せる傾向があります。
見知らぬ人間や小さな子供は苦手で、一緒にいるとストレスを感じてしまうことも…。

あたかも壁画から抜け出てきたようなエジプシャンマウ。その神経質な性格(警戒心の強さ)は、古代から受け継がれた野性の本能が、色濃く残っているからなのかもしれません。

エジプシャンマウ以外の「猫の動画まとめ」