◆アッという間に予約満席!養老鉄道が運営する「ねこカフェ列車」に話題騒然!

1000RT:【全国初】養老鉄道、子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」の運行決定
news.livedoor.com/article/detail…

殺処分予定の子猫などを保護し、里親を探す活動をしている「こねこカフェSanctuary」と提携して9… twitter.com/i/web/status/8…

養老鉄道は9月10日、殺処分予定の子猫などを保護し、里親を探す活動をしている「こねこカフェSanctuary」と提携し、列車の中で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を運行する。

◆「ねこカフェ列車」運転は平成29年9月10日(日)

養老鉄道では、岐阜県内において、殺処分予定の子猫などを保護し里親を探す活動をされている「こねこカフェSanctuary」と提携し、列車の中で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を平成29年9月10日(日)に運転します。

同社によると、「列車の中を猫カフェとして開放するのは全国初と考えられます」とのこと。

◆参加費3,000円の一部が殺処分ゼロに向けた保護猫活動に充てられる

その一部は、「こねこカフェSanctuary」による殺処分ゼロに向けた保護猫活動に充てられる。

◆岐阜県各務原市鵜沼の“保護猫カフェ”「こねこカフェSanctuary」

殺処分予定の子猫などを保護し里親さんを探す活動をしています。

里親さんになれなくても遊びにくるだけで保護活動の助けになります。

2016年度9月現在、当店代表がボランティア登録している某保健所の猫の殺処分は0を継続中です。その保健所の猫の収容数は毎年150匹~200匹くらいにのぼります。

◆当日には里親募集なども行われる

なお、当日ねこカフェ列車にて、猫たちの里親募集も行います。

また、「ねこカフェ列車」の発着駅となる池野駅では、同日、岐阜県池田町を拠点に動物保護活動団体・個人の支援活動をスタートした「動物保護支援団体KAM」による、猫グッズの販売等のイベント「ハピねこトレインin池野駅」が開催されます。

「ぜひこの機会に、かわいい子猫との触れ合いを楽しんでいただき、保護猫活動の一助にできればと考えております。」(養老鉄道公式HP)