どうして猫は爪とぎをするの?

・ストレス発散のため
・古くなった爪をそぎ落としている
・爪を研いでいる(なわばりを守るため、上りやすくするため)
・気を引くため
など、様々が理由があるそうです。

爪とぎは消耗品のため、すぐに傷んでしまいます。
ボロボロのまま放置していると、猫が他の場所で爪とぎを始めてしまう可能性があるため、こまめに新品と取り替えることも大切です。

段ボール爪研ぎ。

【材料・準備するもの】

・ダンボール紙
・カッター(または、はさみ)
・ガムテープ(または、デリバリテープ)

【あれば便利なもの・追加材料】
ものさし、猫じゃらし、ヒモ

ダンボール紙を一定幅に切ります。
目安は6cmほどです。
切る時は、ダンボールの溝にそわず、少々切りにくいですが、
波波(ダンボールの凸凹)に対して垂直に切る方が良いです。
猫さん曰く
「溝に添って切るよりも爪の研ぎ心地が良い」
細長く切ったダンボールを、くるくると巻いていきます。
しっかりと強く巻くのがポイントです。
端まで巻いたら、ガムテープやデリバリテープなどで止め、
またダンボールを継ぎ足してくるくる巻きます。
継ぎ足してくるくる
継ぎ足してくるくるくるくる
くるくるくるくるくるくるくるくる……。

シンプルなダンボールの爪とぎを、
マスキングテープを使ってリメイクしてみました。

ダンボールを 木の箱のサイズに合わせて
カッターナイフで沢山カットします。
何本も何本も 箱のサイズに合わせ イヤになるほどカットます。
※箱のサイズに合わせぎっしり詰め込んでくださいね。

カットが終われば 後はダンボールにボンドを付けて
一枚一枚 木箱に貼るだけです。

出典pacoma.jp

人目につきやすいあのアイテムをDIY。

<材料>

三角コーン(高さ45cm)
綿ロープ(太さ1.2cm×12m)
キャンバス布(50cm×1m)
毛糸(お好きなもの2種)
<道具>

強力接着剤
はさみ
定規

爪研ぎに合わせて木枠を組んで、それにカバーを着けただけ。
その枠にギューッと爪研ぎを押し込んだら出来上がりです。

出典pacoma.jp

トランスフォーム猫爪とぎ。

爪とぎの土台となる台座15cm角の木材は、元々「飾り棚」用の材料として、ホームセンターで売られていたものを使用。台座の中心に「丸座留め金具(大)」を取り付けます。
台座に、丸型ウッドポールを取り付けます。 土台に、10cm角の正方形を86枚カットした段ボールをセット。(中心部分に、ポールに通すための穴を開けてあります)最後に10cm角の木材を取り付け、ダンボール片を固定します。セットされたダンボールをちょっとずつズラすと……トランスフォーム(変形)爪とぎの出来上がりです!

参考リンク