意外とたくさんある、猫に食べさせてはならない食べ物

ネギ類

ネギ科の植物全般=タマネギ、長ネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、アサツキ、ニンニク、など。

ネギ中毒=溶血性貧血をおこします。

イカ、タコ

昔から「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言われてきました。

アワビ

「猫がアワビを食べると耳が落ちる」と言われます。これも根拠のある言い伝えなのです。

青身の魚(アジ、イワシ、サバなど。)

不飽和脂肪酸という成分により、青身の魚を過食すると、猫の脂肪が酸化して 黄色脂肪症(イエローファット)になります。

過熱していない生卵の白身

生卵の白身には、ビタミンの一種であるビオチンを分解する成分アビジンが含まれ、大量に食すると皮膚炎や結膜炎などを引き起こす可能性があります。

魚や鶏の骨

大きな骨は喉に詰まって窒息したり、消化器官に詰まって腸閉塞を引き起こす可能性があります。

チョコレート・ココア

カカオマスに含まれるテオブロミンという物質は、心臓や中枢神経系を刺激し、下痢や吐き気、血圧上昇、不整脈、興奮、痙攣などの症状を引き起こします。重症の場合は死亡することも。

アボカド

アボカドの成分、ペルジンは果実だけではなく、葉や種、樹皮にも含まれていて、丸ごと食べてしまうなどたくさん摂取したときに発症、場合によっては死に至る危険性もあるといわれます。

ガム【キシリトール】

ガム一枚でも血液中の栄養素であるグルコース濃度が低くなる低血糖を引き起こし、最悪死亡するケースも。

スルメ

スルメは胃で水分を含み、10倍以上に膨れ、消化器官を圧迫してしまいます。膨れたスルメは腸を通過することも、食道に詰まって吐くこともできず、非常に危ない状態になることもあります。

アルコール

主な症状:嘔吐・下痢・ふるえ・血圧低・ 中枢神経系の抑制・ 意識障害・血圧低下・痙攣・呼吸障害

お茶・コーヒー・コーラなど【カフェイン】

カフェインは、強い興奮作用があり、心臓にも負担がかかります。猫にはNGです。

人間用の牛乳

猫は牛乳に含まれる「乳糖」(ラクトース)を分解する酵素である「ラクターゼ」をもたない個体がたくさんいます。無理に牛乳を飲ませても下痢をするだけなので、猫用のミルクを与えるようにしましょう。

人間のサプリメント

人間用のサプリメントは人間の体のサイズを基本に計算されています。水溶性ビタミンはおしっことして体外に排出されますが、脂溶性ビタミン(A,D,E)は体内に蓄積され、各種の過剰症を引き起こします。サプリメントは必ず猫用を与えてください。