猫の額の模様が“M”の字に見えるのはなぜ?

猫の額に“M”の字のような模様が現れることがある。
とくに日本で人気のアメリカンショートヘアーなどの
タビー模様(縞模様)の猫の額に、くっきりと
“M”と読み取れる猫はけっこう多い。

この猫の額の“M”縞模様は、
森の中にあって高い迷彩効果を発揮するもので、
猫の祖先であるリビアヤマネコやヨーロッパヤマネコが持つ
全てのヤマネコ属の始原的デザインと言えるものです。

このような猫は「マホメット(ムハンマド)の猫」と言われるそうだ。
“M”の頭文字はマホメットが撫でた跡との伝説によるらしい。
そんな伝説がうまれるほど、イスラム教の創始者マホメットは猫好きとして知られている。 愛猫の名はムエザといったそうだ。

真っ黒クロスケだからMの字があるか分からないよね、むむむむむ・・・

トラネコ(虎猫)とは、トラのような縞模様を持つネコのことである。タビー(tabby)とも呼ばれる。トラ猫はストライプの他に、縞模様が途切れて、斑模様、薔薇班、細かく縞模様を途切れさせてたもの等があり、多様である。
殆どのトラ猫には、額に"M"のようなマーキングが見られる。

猫の毛柄。

毛柄の種類は、大きく分けて4グループ。
①しま模様のある猫。タビー(tabby)とは英語でしま模様のこと。
トラ柄(マッカレルタビー)・クラシックタビー・アグーティタビー・スポッテッドタビー。
②組み合わせ柄。白、黒、オレンジ(茶)から2色または3色が組合わされた毛柄。
白黒・三毛・サビ。
③単色柄の猫。毛に模様がなく全身1色の毛色。無地という意味の「ソリッドカラー」とも呼ばれます。
黒(体の一部に白い毛色が見られることがあり、この模様は通称「エンジェルマーク」と呼ばれています。)・白(瞳の色が異なるオッドアイは白猫に多くみられます)。・グレー(ブルー)。
④変わり柄の猫。特定の猫種に見られやすい毛柄など。
ポイント・ティップド・シェーデッド。

トラの額は、Мマークがみあたりません。

チーターの額は、うっすら見えるような・・・。

参考リンク。